直感的なUI

「直感的なUIとは」直感的なUIがいい。とはよく言うければ、そもそも「直感的」とは何を指すのか。今回は書籍「Intuitive Design」の内容を参考に自分なりの解釈を加えたものを書いてみたい。

僕自身もつい最近まで、UIを考えるときPerceptibility, Predictability,Feedback, Consistency, Learnabilityという5つの考え方を基準に考えていた。しかし「Intuitive Design」では次の8つの指標を推奨している。

1.Discoverability

ターゲットユーザーが目的を達成するためのUIを発見できるか

2.Affordance

Aターゲットユーザーに操作可能なUIであり、どのように操作するかが伝わるか

3.Comprehensibility

ターゲットユーザーがそのUIの意味を理解できるか

Comprehensibilityは次のような点が判断指標となる。  

  • ユーザーの言葉で語っているか
  • 期待通りの動作をしているか
  • 的確なアイコンを表示しているか

4.Responsive Feedback

ターゲットユーザーの現在の状況や操作の結果を正確、
明確かつ即座に示せているか

5.Predictability

ターゲットユーザーが操作する前にその操作の結果を予測できるか

6.Efficiency

ターゲットユーザーが不要な動作や繰り返しをせずに最優先事項を完了できるか

7.Forgiveness

ターゲットユーザーの誤操作を防げるか、誤操作による打撃を最小限に抑えているか、誤操作から簡単に復旧できるか

マウスアップで動作させているか、タップエリアは十分大きいかなどがForgivenessの一例である。

8.Explorability

ターゲットユーザーがミスをすることや迷うことを恐れずに使えるか

次のような明らかなナビゲーションがあること

  • タスクの完了方法、および次のステップへの移動方法が明らかである
  • 前へ戻る方法が明らかである
  • 現在のタスクのキャンセル方法が明らかである
  • ホーム画面へ戻る方法が明らかである

保存方法が明確である

  • 即時保存の場合、保存が実行されていることを示す
  • 手動保存の場合、保存ボタンを明確にする(スクロールしないと見えないとかはだめ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です