2012年12月アーカイブ

2012年12月31日

it is

よく言うカタカナ英語と、本当に英語っぽい英語の違いって何だろう。

きっと、本当のネイティブの人と話すとすぐに「やっぱりネイティブは発音が違う」って気づくはず。つまり耳ではその違いを認識しているという事だ。耳ではその違いが認識できるけどそれを自分では話せない。そんな人が日本人の英語を勉強している人には多いらしい。

今回はよくあるカタカナ英語をネイティブ英語に変える方法について一つ。

さて、

It is....

というよくつかう表現。(会話の中では「It's」になることが多いかもしれないが)日本人の多くはこれを「イトゥ・イズ」って発音する。でも、カタカナで書く「イトゥ」はどちらかというと「eat」に近い。「it」はむしろ「エトゥ」と「イトゥ」の間ぐらいの音だと思うといいだろう。いろんなネイティブスピーカーの発音を聞いているとほとんど「エトゥエズ」としか聞こえない人もいる。

おそらく僕ら日本人はローマ字を学んだときに「i」=「イ」、「e」=「エ」と覚えているからどうしてもそれが心に残っているのかもしれないが、英語においてはむしろ「i」=「エ」、「e」=「イ」の方が多いという事だ。

さて、例として「it」を挙げたが、これは発音記号で「i」を持つ単語のすべてに言える事。それをふまえていままで覚えた単語を見直してみよう。「live」「six」「kitchen」...。これだけでもずいぶん英語らしい発音になるはずだ。

このことを考えていつも思い出すのが、中学校時代、ネイティブスピーカーが英語の授業にやってきたときの話。友人が「あの人のsixはsexに聞こえた!!」と喜んでいっていた。思春期の中学生らしい発想だが、むしろ耳で聞いた音を素直に表現している点でそれは正しい。sixの「i」も「イ」と「エ」の間の音だから「セックス」と聞こえることも当然ありうるのである。



英語がしゃべれない

よく英語について話していると、「いいなー、英語話せて」とか「私英語話せないし」という声を聞く。でもこれに対する僕らの思いは、「それは英語を話せないのではなくて、英語を話そうとしていないだけ」。

例えば、英語で「今何時?」って言おうと思えば、おそらく義務教育を受けた人ならばきっと「What time is it now?」と答えられることでしょう。もちろん英語を深く勉強している人には他の表現も思いつくのだろうが、英語を話すにはまず最低限の表現さえあれば十分なはず。

例えば、アラビア語で「今何時?」って言おうと思えば、それこそまさに「話せない」である。「今」も「何」も「時」もアラビア語でなんていうんだかまったくわからない。

でも英語について言えば、僕らはきっとみんな中学、高校と6年は勉強してきて、一通りの文法と一般的な単語は覚えたはず。文法と単語がわかってて「話せない」というのはおかしい。やっぱりそれは「話そうとしていないだけ」。であれば話しながら、単語を増やし、表現を増やしていけばいいのだ。


はじめに

大学を卒業して10年程英語などまったく興味を持たずに生きてきたのですが、ちょっとした拍子に英語の勉強に興味をもって、ここ5年程勉強したところようやく海外留学経験者「一体どこで勉強したの?」に驚かれるまでの英語力を身につけました。

仕事で使う訳ではなかったからお金のできる限りかからない方法を選んできました。これまでの間いろんな方法を試して、なかにはあまり効果の上がらないものもあったけど、逆に大してお金をかけなくとも効果のあった方法もありました。そういう情報をこれからここに書いて行こうと思います。誰かの英語学習に少しでも役立てたら嬉しい。今朝、ふと思い立ったことなのでいつまで続くかわからないけど、とりあえず試行錯誤しながらやっていこうと思います。実際、毎週英語サークルにいって英会話をしていますが、そこで出会う英語の上達したいと言っている人に「こうやったらもっと上手くなるのに」と思うこともたくさんあるのですが、なかなかちょっとお節介なようで直接は言いずらいけど、でも言いたい、というわけでそんな思いをこのブログに吐き出していきます。

内容に説得力をもたせるために書かせてもらうと、今まで海外での英語学習経験はないです。また、一般的に言われる英語スクール「NOVA」とか「AEON」などにも参加した経験はないです。それでも現時点で(2012年12月時点でTOEIC930まで引き上げてきましたもちろんTOEICで高得点がとれても英会話のできない人はたくさんいるのですが、他に数値的に示せるものがないのでとりあえずそれだけ書いておきます。


このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。