おやまだひろこの最近のブログ記事

オススメ度 ★★★☆☆ 3/5
第150回芥川賞受賞作品。

結婚して仕事をやめた「私」は、姑の隣の家に住むことになった。「私」の新しい生活を描く。

ほのぼのとした作品。タイトルの穴とは、「私」の引っ越した先である動物が掘る穴のことであるが、そこにどんな意味があるのかは最後までわからなかった。田舎町ののんびりとした生活が描かれている。都会の喧騒のなかで生きている人にとっては懐かしい雰囲気かもしれない。

「穴」を含めた三作品が含まれており、後半の2編にはいたちが出てきたので、ひょっとしたら最初の物語の穴を掘った動物の正体はいたちなのかもしれない。

純文学というものにもっと触れようとして本作品を選んだのだが、やはりなかなかよくわからない。

【楽天ブックス】「穴」

最近のブログ記事

カテゴリ