たにがわしゅんたろうの最近のブログ記事

オススメ度 ★★☆☆☆ 2/5
タイトルはずいぶん前から知っていたが、知り合いから勧められたことで、読んだことはなかったことに気づき、今回手にとった。

正直、わからない。もう少し共感できるような詩があるのではないかと期待したのだが、どこか表面的に感じられてしまった。それぞれの詩になにかもっと深い真意のようなものがあるなら僕には理解できなかったようだ。

印象的なのはこの「日日」という詩の最初の4行。

ある日僕は思った
僕に持ち上げられないものなんてあるだろうか
次の日僕は思った
僕に持ち上げられるものなんてあるだろうか

誰しも、辛い日もあれば調子のいい日もある。そんな思いを綴ったのだろう。

ひょっとしたらもっと若いときに読むべき詩集だったのかもしれない、と感じた。

【楽天ブックス】「二十億光年の孤独」

カテゴリ