はせがわえいすけの最近のブログ記事

オススメ度 ★★★☆☆ 3/5
生物学者である著者が社会や組織を語る。

生物や昆虫の性質を引き合いにだしながら、世の中を説明して行く点が新鮮である。多くの人が知っているように生き物は種の存続を目的にそれぞれの行動が決まっている。しかし、そのような目的を持ちながらも種によっては群れを作ったり、1人のためにその他大勢が死ぬまで働いたり、ほかの生物の巣に入り込んだりと、戦略はさまざまである。ある種が、長い時間をかけてなぜ現在の行動に落ち着いたのかを考えると、その種にとってその生き方が、長期的なメリットがあることがわかる。

社会や組織や、人を新しい視点で見つめられるようになるかもしれない。

【楽天ブックス】「働くアリに幸せを 存続と滅びの組織論」

カテゴリ