もりたりゅうじの最近のブログ記事

オススメ度 ★★☆☆☆ 2/5
人を好きになることがある。しかし見栄やプライドが邪魔してなかなか真直ぐに思いを伝えられない。卒業式などに告白する人が多いのは人間のそういう面を良く表していると言える。

「夜の果てまで」の主人公である俊介も、今までの人生で積み上げて来たモノを捨てるべきか、それとも捨てないでなんとかならないか、そう何度も葛藤しながら好きな女性との愛を貫こうとする。良くあるロマンチックな恋愛小説などではまったくない。すべてを捨てて駆け落ちした以上、その先の生活をするためには汚い生き方もしなければならない。現代において「駆け落ち」というものを実行するにあたって、どのような障害があるかがリアルに表現されている。

それても僕を満足させなかったのは、作者の伝えたいテーマを感じることができなかったからかもしれない。「どんな障害があっても愛を貫こう・・」なんてテーマが言いたかったわけでは決してないはずだ。

【Amazon.co.jp】「夜の果てまで」

最近のブログ記事

カテゴリ